リフォーム宣言1:
『まちを、リフォーム!』

面積21km2の小さなまちに、たくさんの公共施設。人口減の時代に入った今、多摩市は「施設を減らし機能は増やす」計画を打ち出しています。建物だけではありません。公園、橋、道路….未来を見すえてどのように作り直すのか? まちで暮らす市民の意見抜きには決められないはず! 多摩市には「自治基本条……

・・・続きを読む

リフォーム宣言2:
『しくみを、リフォーム!』

役所の仕事は専門ごとに分けられていますが、市民の生活は決して同様に切り分けられるものではなく、その悩みもしばしば相互に関連し合っています。一度のアクセスで困っている市民をまるごと支えられるように、「タテ割り行政」から「横断的な取り組み」への転換が必要です! 市民サービスを充実させるためには、行政の縦……

・・・続きを読む

リフォーム宣言3:
『福祉を、リフォーム!』

福祉というと、障がい者や高齢者の方々を想像しがちですが、貧困、育児、就職、ひきこもり等々、市民が抱えた問題は多岐にわたります。従来の社会モデル、福祉モデルが通用しなくなった時代だからこそ、自治体がまっさきに「市民の求める支援は何か」をキャッチしなければなりません。 自治体は国の下部組織ではなく、あく……

・・・続きを読む